豪雨災害の凄まじさ #67

先日の地震に引き続き、先週は大雨。

 

宝塚は7/5(木)から7日(土)まで3日間、ほぼずっと雨が降り、時々バケツをひっ切り替えしたような大雨。

 

大雨洪水警報は、木曜日から日曜日まで4日間続き、宝塚市の小中学校は木金とも休校に。土日も警報が出ていたため、部活などもほぼお休みのようでした。

 

関西は、地震に引き続き、今回は大雨で立て続けなあと思っていたたら、広島や岡山などの豪雨災害の凄まじさをテレビなどで見ると言葉を失う状態です。

 

100人を超える方が亡くなり、まだ行方不明者も多数います。梅雨明けし、これから暑さが本番。避難されている方や、救助に当たっている方、ボランティアをされている方などの体力を暑さが奪っていきます。

 

亡くなった方のご冥福をお祈りすると同時に、被災された方の一刻も早い復旧を心から願っています。

 

7月第2週の宝塚つばめ学習会は、仁川教室が8人、逆瀬川教室が1人、宝塚教室が4人、計13人。講師のつばメンバー計9人が学習サポートを行いました。

 

予定されていた読売新聞社さんの取材も、豪雨災害の影響で延期に。また後日いらっしゃるのを楽しみにしています。