メリハリが大事 #59

 

5月2回目の宝塚つばめ学習会。

 

生徒さんは、仁川教室が10人(お休みなし!)、逆瀬川教室1人(生徒さん募集中です!)、宝塚教室4人、計15人の参加。講師のつばメンバーのみなさんも先週に引き続き、最多タイの延べ14人が参加。先週見学に来てくれた1回生さんが今日から本格参加(これからよろしくお願いします!)、さらにおふたりの見学者が来られ、先週に引き続き、つばめ後に研修会もしました。

 

宝塚教室ができて3か月目で、3教室を順番に巡回しているんですが、なかなかルートが固まりません。

 

とはいえ、「仁川教室がスタート」はほぼ変わらずなので、17時ごろにカフェ(会場)に行き、小学生を見てから、宝塚・逆瀬川をまわっています。

 

一旦ふたりまで減った仁川の小学生ですが、今では写真の通り5人が元気に勉強しに来てくれています。

 

5人の内、きょうだいが2組。残りのひとりもお兄ちゃんは18:30からの中学生クラスに「昇格」したので、きょうだいで来てくれています。

 

昨日見ていて思ったんですが、小学生って「集中するタイミングは全員同じ」ですね。

 

裏を返せば、「崩れるタイミングも同じ」です(笑)。

 

誰かがちょっと喋りだし、他が呼応してわちゃわちゃとなり、また勉強に向かう、この繰り返しです。

 

私たちとしては、できれば集中タイムをできるだけ長く、わちゃわちゃタイムをできるだけ短くしたいところですが、決してわちゃわちゃタイムを短くはしたくても、ゼロにまではしなくてもいいと思っています。

 

それは中学生も同じで、雑談って楽しいじゃないですか(笑)。

 

それに、雑談があってこそ、その後の集中力が増すメリットもあります。

 

そのあたりのバランス感覚がつばメンバーの腕の見せ所なので、よろしくお願いします!。