教室の模様替え#40

 

まあまあ節目の第40回の宝塚つばめ学習会。

 

今リーダーズカフェの活動として、10月に結成したNPO立ち上げ隊が中心になって、ミーティングを重ねているんですが、その中でできたいくつかの部会の中で、「カフェリノベ部会」というのがあります。

 

そこでは、約25m3のカフェスペースをどう有効に使うか?ということを話し合っています。

 

そこで、まずは模様替えをしてみようということになり、月曜日のつばめの午前中に、あーだこーだと言いながら、机をゴロゴロ動かしつつ、結局2時間ぐらいかけて、とりあえず落ち着いた感じになりました。

 

 

今日の生徒さんは、仁川の小学生が6人、中学生がふたり休みで4人、逆瀬川は安定の4人。

 

 

今回の模様替えのポイントは、何と言っても「向かい合わせ」です。

 

これまでは生徒さんが壁を向いていたのですが、島状に机を並べ、向かい合わせにしました。

 

今回の模様替えは「本棚を置いて、ブックカフェ風にしよう」ということが発端でして、そうすると壁に本棚が置かれるので、机は向かい合わせよねと。

 

壁に向いていると生徒さん同士が見にくくなるので、勉強に集中できていいだろうなと、これまでは思っていました。

 

それが向かい合わせになったら、他の生徒さんが気になって、集中できなかったら困るなあ…と思っていたんですが、杞憂に終わりました。

 

実際やってみると、思った以上に静かに集中してやっているんですよ。

 

特に小学生を心配していたのですが、学年も違う他の生徒さんがやっているのを見て、自分もやろうかなと思っているようで、「え~、この子たちできるんや!。何か疑ってゴメン…(泣)」という気持ちでした。

 

他の生徒さんを意識しながら集中するというプラスの効果は、中学生ではより色濃くなり、講師のつばメンバーからも「子どもたちがやっているのが見えやすく、前より教えやすいです」と言ってくれ、心の中でガッツポーズしていました。

 

ただ、ひとつだけ課題がありまして…。

 

エアコン下の場所に中2男子が座っているんですが、彼から「みんなはユーラシア大陸で、僕だけアイスランドみたいな離れ小島…」と言ってたらしく、宝塚つばめ一秀才な彼らしいさすがの感想に唸りつつ、EU加盟を働きかけるなど、何らかの対策を施したいと思っています(笑)。