みんなの伴走プログラムがスタート!#39

11月最後の宝塚つばめ学習会。

 

今日は久しぶりに、16人の生徒さん全員が参加!。

 

ここのところ風邪でのお休みも多かったので、みんなの元気な顔が見れて、うれしい限りです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先週から「みんなの伴走プログラム」という新企画がスタートしました。

 

この企画のきっかけは、ある講師のつばメンバーの方から「学習会のある月曜日以外に、子どもたちの勉強を応援することはできないでしょうか?」と相談があったことがきっかけ。

 

「じゃあ月曜日以外にもう1日やってみましょうか?」と言いたいところですが、その方は社会人の方なので、月曜日以外にもう1日参加するのは難しい(そりゃそうでしょう)。

 

ただ、帰宅後やお休みの日など空いている時間はあるので、その時間をうまく使えないかと。

 

じゃあ、何かSNSやアプリを使ってできないか、半月ほどあれこれスタディした結果、我々にとって一番身近なLINEを使って、生徒さんとマンツーマンでやりとりすることにしました。

 

 

こんな感じです。

 

やり方は、生徒さんが日頃勉強したことをラインし、それに対してこちらから短いコメントやスタンプを送る、というシンプルなものです。

 

日頃の勉強をガチガチに管理し、煽りながら机に向かわせる、「瀬古俊彦を鍛えた、SB食品の中村監督」のような伴走では決してありません(笑)。

 

食べたものを記録し、カロリーコントロールをする「レコーディングダイエット」と同じ効果を期待していて、勉強したことをラインするというアクションが、机に向かう回数増に繋がらないかなと。

 

さらに、私たちが生徒と「伴走」することにより、今までと勉強の取り組み方が変わってくることも楽しみにしています。

 

対象は、中学生の希望者のみで、生徒さん・保護者さん両方の了解を得て、今日現在4人の生徒さんと始めました。

 

まだまだ、やりとりには至っていませんが、これからです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そりゃあ、色々リスクはありますよ。

 

学習へのプラス効果がどこまであるかは分かりませんし、応対する当方の手間の問題もある、考えもつかない投稿があったりするかもしれません。

 

個人的には「ゼロリスク信仰」って、大っ嫌いです。

 

ちょっとでもリスクがあったら、何もしない。何もしない方が、平和で安全・安心。

 

それはそうでしょうが、そこからは何も生まれません。

 

私たちリーダーズカフェは、大学生を中心に活動している団体なので、彼ら彼女らに「今から守りに入ってもらいたくない」と強く思います。

 

もちろん、リスクへの備えは十分行いつつ、「それでも起こりうる可能性のあるリスク」と「挑戦した時に得られるメリット」を比べて、メリットが少しでも高ければ、GOです。

 

まあ、リスクって言ったら、この無料塾という事業自体も、始める当初はいろいろ言われたのを思い出しました(笑)。海外スタディ・ツアーも同様です。

 

 

「伴走プログラム」が長続きするよう、ぜひ応援ください!