宝塚つばめの成長と課題#31

 

9月最後の宝塚つばめ学習会。

 

逆瀬川教室ができてからは、19時20分ごろ「お先にね」と仁川教室を後にし、逆瀬川に移動しています。

 

宝塚つばめがスタートして半年以上が経ち、回数も30回を超え、もう学生だけに最後はお任せできるようになりました。

 

中学生に勉強を教え、最後に個別学習チェックシートに講師コメントを書き込み、コピーをし本人に渡し、戸締りをして退出する。それなりにやることはあるんですが、そつなくやってくれます。

 

特に今回は、海外スタディツアーの4人が揃った日だったので、余計に組織としての成長を感じたのかもしれません。

 

 

そして、逆瀬川教室はいつもの中学生4人がそろい踏み。

 

相変わらず、静かな闘志がみなぎっている「逆瀬川四人衆」です(笑)。

 


今日、仁川教室に中学1年の生徒さんが見学に来てくれました。

 

またもや遠く川西からの生徒さんです。

 

これで生徒さんは、再び16人に(仁川:小6・中6、逆瀬川:中4)。

 

講師のつばメンバーは、生徒さんが6人いたら、やっぱり講師は4人欲しいところ。

 

そして今は、仁川は小学生タイムと中学生タイムとを分けているので、講師は全部で「仁川小4+仁川中4+逆瀬川中2=延べ10人」が必要。

 

うーん、今のつばメンバー体制では若干少なし…。

 

来週おひとり、講師ボランティア希望の方がこられるので、大変楽しみにしております。

 

ということで、これから10月の講師シフトを組みます。